首イボクリーム

首イボに液体タイプのイボコロリは使えない

首イボを自分でケアしたいと考えた時、イボコロリという名前を思い浮かべませんでしたか?

イボの治療薬として有名すぎるイボコロリなら、首イボもコロリと取れてしまうのではないか?と思ったことでしょう。

それでは実際にイボコロリが、首イボに効果を発揮してくれるのか見ていきましょう。

イボコロリってどんな薬?

最近はイボコロリも進化をしているようで、「液体タイプ」「絆創膏タイプ」「飲用タイプ」など、用途に合わせて使い分けられるように種類が増えています。

イボができたら、やっぱりイボコロリで取ればいいのでしょうか?

イボコロリは手・足に使うもの!

イボコロリをチェックしてみると、治療対象の欄に「魚の目、タコ、イボ」と書かれています。

イボコロリに含まれているサリチル酸という成分は、皮膚の角質を溶かして新しく生成させる効果があります。ですから、イボを除去する効果はもちろんあるのです。イボの状態によっては、何度もイボコロリを使って治療をしなければいけないケースもあります。

ちなみに、手や足にできた硬くボコッとした皮膚を、魚の目・タコと呼んでいます。足の裏などに魚の目・タコができると歩くのが大変だと感じる人もいます。つまり魚の目・タコは、なかなか辛いイボの1種なのです。

さて、そんなイボコロリですが、首イボにも使うことができるのでしょうか?そこが1番気になっていると思いますので、早速使えるのかどうかチェックしてみましょう。

イボコロリは優秀アイテム

イボコロリは頑固なイボに効果が期待できるアイテムだと思います。足の裏にできた魚の目・タコといった種類のイボであれば、イボコロリの効果がかなり大きく現れることでしょう。とても優秀なアイテムであるイボコロリなのですが、ちょっとビックリする情報を見つけてしまいました。

「老人性イボには使用しないでください」

つまり、首イボには使えないということになります。首イボの多くは、老人性イボなので全く持って使える気配がありません。

実はイボコロリは魚の目・タコのような硬く頑固なイボを強力なパワーで除去することができる薬ですから、首という繊細な場所にできたイボに使うと、正常な状態の皮膚も刺激されてしまい、炎症などを引き起こすことがあるというのです。

ですから、いくらイボコロリが優秀だからといって、首イボに使うのはダメということです。首イボには、そのほかの方法でアプローチするしかありません。

イボコロリ以外の薬にも注意!

首イボはイボコロリを使ってはいけないということが分かりましたが、その他のイボ除去薬品も首イボには使えないと考えてください。かなり強力な成分が含まれている場合がありますし、副作用が出る可能性もあります。

ですから首イボが気になるようであれば、皮膚科を受診するのが1番安全なのかなと思います。自己判断で、イボコロリや類似薬を首イボに使わないようにしましょう!

page top